群馬県高崎市の内科・呼吸器科・睡眠呼吸障害のクリニック
S;vBl??`RO?0  
医療法人恒信会 こやぎ内科内科、呼吸器科、睡眠呼吸障害
所在地 〒370-0071 群馬県高崎市小八木町2031-6
信頼される医療を、信念をもって  
  電話 027-365-5897

◎睡眠時無呼吸症候群について   ○睡眠時無呼吸症候群診療の流れ >   ○こやぎ内科の睡眠時無呼吸症候群の診療 >   ○こやぎ内科へ入院しての詳しい睡眠検査 >

 


◎ 睡眠時無呼吸症候群について     Sleep apnea syndrome (SAS)

 

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に呼吸が繰り返し中断する病気です。
眠気の原因となるばかりでなく、寿命をも短くするとても重要な病気です。
閉塞型と中枢型とがありますが、圧倒的多数は閉塞型です。

 

【 大きなイビキが特徴です 】

 

 

もちろん、大きなイビキをかく人全員がこの病気ではありません。
またほとんどイビキをかかないけれど睡眠時無呼吸症候群の人もいます(何らかの原因で呼吸する力が弱い人です)。
他に、肥満、高血圧、扁桃腺が大きい、あごが小さい方も要注意です。

 

【 睡眠時無呼吸症候群にかかっている人はとても多い 】

 

 

日本人成人の20人にひとり位はこの病気と考えられています。
みなさんの知り合いの中の何人か、特にすぐに居眠りをしてしまうような人はきっとこの病気です。

 

主な症状は、

 

 

息が詰まり、睡眠中に呼吸が10秒以上止まる。
眠気(運転中や会議、TVを見ている時等で居眠りをしてしまう)
疲れがとれない
寝相が悪い、夜尿症
睡眠中にトイレに何度も起きる
起床時に頭が重い、すっきりしない

などです。  しかし、自覚症状に乏しい人もいるので注意が必要です。

 

放置する 】と、

 

 

自動車運転中に交通事故を起こしたり、仕事の効率が低下します。
高血圧症、狭心症や心筋梗塞、脳卒中の原因となり、寿命を短くすることが知られています。
じわじわと健康を蝕む病気ですので、早めの対応が必要です。

 

診断には“ポリソムノグラフィー”という検査を行います 】
    この検査では睡眠中の呼吸の様子や、血液中の酸素状態(酸素飽和度)を測定します。
入院して行う精密な検査と、自宅で行う簡単な検査とがあります。

  標準的な治療法はCPAP(シーパップ)です 】
 
治療方法は主にCPAP、マウスピース、手術の3つがあります。
この中で、治療効果が最も確実であり、生命予後(寿命)の改善効果が証明されているCPAPが標準的な治療法となっています。

CPAPは、睡眠中に特殊なマスクを通して、気道に空気を送りこみ、閉塞する気道を空気圧で広げる治療法です。
もちろん肥満している人は減量しなければいけません。
しかし、睡眠時無呼吸症候群の人の減量は、通常以上に困難です。
(慢性的な睡眠欠乏状態であるため、運動よりも睡眠を体が要求します)
ですから、まずは睡眠中の無呼吸を改善した後に、減量に取り組むのが正しい手順です。

 
All Rights Reserved, Copyright (C) , koyaginaika