群馬県高崎市の内科・呼吸器科・睡眠呼吸障害のクリニック
S;vBl??`RO?0  
医療法人恒信会 こやぎ内科内科、呼吸器科、睡眠呼吸障害
所在地 〒370-0071 群馬県高崎市小八木町2031-6
信頼される医療を、信念をもって  
  電話 027-365-5897

 

◎ むずむず脚症候群(下肢静止不能症候群、レストレスレッグス症候群)

 


脚がムズムズして動かさずにいられなくなる病気です。
夕方や夜寝る前、長い間じっとしている時にムズムズ感が強くなるのが特徴です。
下肢静止不能症候群、あるいは、レストレスレッグス症候群とも呼ばれます。

 

  【 症 状 】

 

 

両脚の奥から、何とも表現しがたい不快感が沸き起こり、「むずむずする」「虫が這っている」「かゆい」「ほてる」「かきむしりたい」など、いろんな表現がされます。

症状は、じっとしていて動けない状況で強く感じ、夕方や夜になると悪化します。
一方、動いたり、たたいたりすると症状は和らぐので、一晩中眠れずに歩き回ったり、足踏みをして過ごす人もいます。

 

  【 頻 度 】

 

 

比較的多い病気で、日本でこの病気を持っている人の割合は2〜5%と考えられています。
女性にやや多く、40歳代以後で増加します。
特に、慢性腎不全(特に血液透析中)、鉄欠乏性貧血、妊娠、糖尿病、パーキンソン病、関節リウマチ、気管支喘息に高率に合併するので注意が必要です。

 

  【 原 因 】

 

 

むずむず脚症候群の原因はまだ完全には解明されていませんが、脳内のモドパミンモという神経伝達物質の機能不全や鉄の欠乏が発症に関与していると考えられています。

 

  【 診 断 】

 

 

次の4項目のうち、3項目を満たせばむずむず脚症候群の疑い、4項目全て満たす時は診断確定とされます。

 

 

(1) 脚を動かしたいという強い欲求が不快な下肢の異常感覚に伴って、
     あるいは異常感覚が原因となって起こること。

(2) その異常感覚が、安静にして、静かに横になったり座ったりしている状態で始まる。
     あるいは増悪する。
(3) その異常感覚は運動によって改善すること。
(4) その異常感覚が日中より夕方・夜間に増強すること。
 
  【 検 査 】
    (1) 血液検査: 血清フェリチンを測定し、鉄欠乏状態でないかどうかを調べます。
     合わせて、慢性腎不全や糖尿病、関節リウマチ等の合併もチェックします。

(2) ポリソムノグラフィー検査: 不眠や日中眠気が強い時に検査します。
     むずむず脚症候群では睡眠中に手足を繰り返し動かします。
     睡眠時無呼吸症候群等の合併がないか確認します。
 
  【 治 療 】
    (1)くすりによらない治療
  ・むずむず脚症候群の原因となる薬の減量・中止
  ・カフェインや飲酒、喫煙の制限
  ・規則的な睡眠
  ・温かいお風呂、シャワー、下肢のマッサージ、ストレッチ、ウォーキング
(2)くすりによる治療
  ・鉄剤(フェリチンが低値の場合)
  ・クロナゼパム(軽症の場合)
  ・プラミペキソール(中等症以上の場合) など
  ★ ビ・シフロール( プラミペキソール)だけがむずむず脚症候群の保険適応があります。
All Rights Reserved, Copyright (C) 2010, koyaginaika