群馬県高崎市の内科・呼吸器科・睡眠呼吸障害のクリニック
S;vBl??`RO?0  
医療法人恒信会 こやぎ内科内科、呼吸器科、睡眠呼吸障害
所在地 〒370-0071 群馬県高崎市小八木町2031-6
信頼される医療を、信念をもって  
  電話 027-365-5897

●COPDについて>>      ●COPD: 息切れを軽減する工夫      ●COPD: 食事について>>      ●肺年齢>>   

 


◎ COPD; 息切れを軽減する工夫

 

 


 COPDの息切れは、息が上手にはけないため、肺に空気がたまることで起こります。
 肺がパンパンにふくらんで、もうこれ以上息が吸えないので、苦しいのです。

 

1)上手に息を吐き出す呼吸法を身につける

 

 

ポイントは、息を吐く時は「口をすぼめる」、「時間は吸う時の2倍」にすることです。
歩行時は1歩ごとに、「吸う」「吐く」「吐く」、「吸う」「吐く」「吐く」のリズムで繰り返します。

 

2)動作は呼吸に合わせてゆっくり行う

 

 

COPDは速い動作がとても苦手な病気です。
「吸って、吐いて、吐いて」の呼吸に合わせて、あせらずに動作をしましょう。
マラソンと一緒、オーバーペースではゴールインできません。

 

3)早めの休憩を入れる

 

 

いちど呼吸が苦しくなると、回復には長い時間がかかります。
苦しくなる前に早めに休息をとりましょう

 

4)苦手な動作を避ける
    「腕を挙げる」、「息を止める」、「腹部を圧迫する」動作が苦手な場合が多いので、
これらの動作を避ける工夫をしましょう。
例えば、
かぶるタイプの服よりも、前開きの服のほうが更衣が楽です。
靴下は畳に坐って履くのは苦しいので、椅子にすわり足を組んで履きましょう

  5)入浴について
   

肩までお湯につかると、胸腹部が圧迫され息苦しくなります。半身浴が勧められます。
湯船の中に椅子を入れて座るのも良い方法です。
体を洗うタオルは長いほうが背中を楽に洗えます。
洗い場の椅子は高さ40cm位の高めの椅子を選びます。
洗面器を置く台があると便利です。

 

 
All Rights Reserved, Copyright (C) , koyaginaika